園だより 園長からのメッセージ

毎月、発行している園だより 園長からのメッセージ

2020年 3月

聖句暗唱                 園長 佐 竹 和 平 

 幼稚園の毎朝の礼拝では月ごとに示されている聖書の言葉をみんなで声をそろえて言うのです。聖句を暗唱して声に出しますので、これを聖句暗唱といいます。この一年の聖句をお子さんと一緒に、読み返しいただければと思います。

4月 わたしは よみがえりです いのちです

5月 いつまでも のこるものは しんこうと きぼうと あいです

6月 みよ わたしはあたらしいことをする いま もうそれがおころうとしている

7月 ひかりの こどもらしくて あゆみなさい

8月 あなたのりんじんを あなたじしんのように あいせよ

9月 わたしたちは たがいに あいしあいましょう

10月 たねをまくひとは みことばをまくのです

11月 へいわをつくるものは さいわいです

12月 きょうダビデのまちで あなたがたのために すくいぬしが おうまれになりました

1月 しゅは あなたを まもるかた

2月 かみは よろこんで あたえるひとを あいしてくださいます

3月 あいは けっして たえることが ありません

 『イエス・キリストを通して示される神の愛と恵みのもとで子どもたちが育てられ、今の時を喜びと感謝をもって生き、そのことによって生涯にわたる生き方の基礎を培い、共に生きる社会と世界をつくる自律な人間として育っていって欲しい』

このような願いがキリスト教保育の子ども観です。毎日の聖句暗唱で、この思いが少しずつ、子どもたちの心と体に行き渡っていったと信じています。

 2019年度の幼稚園生活も終わりが近くなってきました。年長のほし組は幼稚園を卒業し、4月からは小学校へ進学します。年少、年中は進級となりそれぞれ新しい環境の中での幼稚園生活となります。新型コロナウイルスの流行に伴う生活や健康の不安がありますが、どのような環境の中にあっても、神様の祝福とお守りが必ずありますから希望を持って過ごしていきましょう。

2020年 2月

自分で決める                園長 佐 竹 和 平 

 「朝、園長の私が門の前いて、子どもたち、保護者のみなさんにあいさつをしますが、そのときに保護者の皆さんは子どもにどもにあいさつしなさいと言わないでください」

 以前、保護者の皆さんを前にこのようなお話をしたことがあり、驚かれたことがあります。あいさつをすることは人と人とが認め合うことですからとても大切なものです。とても大切なものだからこそ、人(親)に言われたからするのではなく、自分自身の意思であいさつができるといいと思っているからです。あいさつの大切さ、あいさつをするように導くのは教育的にも行なわれるべきですが、「ほら、あいさつをしなさい!」とか「おはようは!?」「園長におはようって言いなさい!」のような言葉がけによって「おはよう」の言葉が出ても、本当のあいさつにはならないからです。

 ボランティアという言葉があります。福祉施設での活動や災害時の復旧などに活動する人が増えてきています。このボランティア(Volunteer)の語源は「自由な意思」という意味なのだそうです。人から言われてするものではなく、自分自身の決定によりするものということになります。そして、この最初の「ボラ」というのは火山(Volcano)のvolに由来しているそうです。火山のように心の中から爆発するような思いで活動するのがボランティアということになります。

 人間の行動はその多くは自分自身の決定、自分自身の意思で行なわれるものです。もちろん、親や大人が子どもにとって何が必要か不要かを選ぶべきものもあります。しかし、子ども自身が選べる物は可能な限り、子どもに選ばせてあげたいと思います。子ども自身が自分の意思で決めることを尊重してあげたいと思います。あいさつをする私がいて、あいさつをしない私がいる。どちらの私を選ぶようになるのか。この人にはあいさつをするか、しないか。自分で判断するのです。自分自身で判断したら、元気な声で自分からあいさつ出来るようになるのだと思います。今できないとしても、自分自身の意思を尊重してくれる大人が周りにいれば、きっと、いつか素敵なあいさつ、火山のように心の発露となるようなあいさつをするようになります。あせらずにそのときを待ちましょう。

  さて、今月のカリキュラムのテーマは「協力する」となっています。人は一人では生きてはいけません。人と人とがコミュニケーションを取り合い、同じ目的を共有しつつ協力し合いながら生きています。幼児期のこの時期に「協力する」ことの大切さを感じてもらいたいとの願いがあります。幼稚園での集団活動、クラス活動の中で協力して何かを成し遂げる喜び、うれしさ、気持ちよさを感ることがたくさんできる幼稚園生活が導かれるようにしていきます。

2020年 1月

環境を造る              園長 佐 竹 和 平 

 

 園だよりの毎月のカリキュラムの中にある【願い】とは、このような経験を子どもたちにしてもらいたいという願いであり、教師はこの願いが叶えられるような環境を造っていく必要があります。「環境」というのは幼児教育における重要な用語で、文部科学省の定める幼稚園教育要領には「幼児教育は幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うもの」と示されています。ここで言う「環境」とはその子の周りにあるもの全てです。園庭ではブランコやすべり台などの備え付けの遊具、スクーターやシャベルなどの遊具、砂場、土、水、木、花、動物、太陽、霜柱や氷・・・。 室内ではピアノ、机、おもちゃ、壁面、絵の具、クレヨン、ねんど、絵本・・・。環境の中には人(友だち、異年齢の子ども、保護者、教師)も含まれます。かけっこ、歌、礼拝、お弁当なども幼児教育の中では環境です。

 カリキュラムに関わらず教師はその日、そのクラス、その季節、その気候を考慮し、子どもが育っていく過程において必要な体験ができるような環境を造ることを心がけていますが、その月、その時期にあったものとして月ごとの「願い」があり、1月は下記の4つが示されています。

  • エスさまのなさったわざやたとえ話を聞く中でイエスさまを身近に感じる。
  • 好きな遊びを心ゆくまで楽しみ、ものごとや深く関わることが面白くなり、それが喜びとなる。
  • 健康な生活をするために、必要なことを自分からする。
  • 伝承遊びを楽しみ、ことばや数を遊びの中で使うことが面白くなる。

 さて、これらの願いを子どもたちに経験させるために、どのような環境が造られていくのでしょうか。①は合同礼拝で語られる聖書の話となるでしょうか。子どもの話を聞く力も求められますね。②は継続して遊び込める環境が求められます。時間的制約により分断されることがあっても、精神的、物質的な継続でカバーできると良いですね。朝の自由遊びの時間を大切にしたいですね。③は特に冬の時期には大切です。うがい、手洗いを習慣化すること。着る物を自分で調整できるようになることも大事です。④はお正月遊びのかるたやすごろくで遊ぶことを通じて言葉や数に親しみます。

 さて、三学期がはじまりました。今年の幼稚園の年間の保育日数は197日。内訳は一学期が71日、二学期が75日、三学期が51日となっていて三学期は一番短いのです。一日、一日を大切に、子どもたちの園生活が楽しいもの、有意義なものとなるよう教職員一同力をあわせてまいります。

2019年 12月

クリスマスの喜び            園長 佐 竹 和 平 

 4月から始まった今年度の幼稚園生活も8か月が過ぎ、まもなく2学期の終了となります。行事も多く、様々な経験を通して成長が導かれた2学期でもありました。幼稚園の生活でいつの間にかできることが多くなっている子どもたちの姿を見かけることができるこの時期でもあります。そのできることを「見て、見て~」と言ってくる姿も多くあります。

 

 幼稚園の大きな行事でもあるクリスマスに向けての園児の活動が始まりました。。クリスマスは神が私たちに下さった最高のプレゼントであるイエスの誕生を喜びあう時期です。それと同時に神がイエスを通じて世の人々に伝えたかったことを多くの人に伝えて行くときでもあります。なぜ、神は自らの子としてイエスをこの世に贈ったのでしょうか。それは、神ご自身が造った世界に住む人々の心が荒れすさんでいるのを悲しみ、イエスが救い主となって世の中を良くできると神が考えたからです。

 

 幼稚園のクリスマスでは全園児でイエスのお生まれになった時のことを劇にしたページェント「最初のクリスマス」を演じます。ページェントではまず、天使ガブリエルがマリアの前に現れ、マリアが神の子を生むことになると告げます。マリアは驚きましたがそのお告げを受け止めるのでした。マリアと夫のヨセフは人口調査を受けるために、産まれ故郷のベツレヘムの町に行きます。しかし、どこの宿屋も満員でした。ある宿屋が、馬小屋でよければ泊まれますよと案内してくれました。その馬小屋で神の子イエスが生まれたのでした。たくさんの星が神の子イエスの誕生をお祝いします。神の使いである天使に教えられ羊飼いがお祝いにやってきます。導きの星を頼りに東の国の博士たちはらくだに乗ってやってきます。博士たちは持ってきた宝物をおささげしました。馬小屋の前にはたくさんの羊たちもやってきて、お祝いします。最後にみんなで「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」を賛美して終了となります。この劇の進行はナレーターと聖歌隊の歌によって進んでいきます。

 

 ドレーパー記念幼稚園では設立された年からずっとクリスマスにはページェントが全園児によって行われてきています。全園児一人ひとりに役割があり、その一つひとつの役割を大切なものとしてきました。どんな役でも、どんな子どもでも一人ひとりが大切だというメッセージでもあります。虐待やいじめ、貧困のなかで悲しく、辛い思いをしている子どもが社会には多くいます。一人ひとりが大切な存在です。救い主イエスは「隣人を自分のように愛しなさい」と話されました。クリスマスのこの時期、一人ひとりを大切な存在としたイエスのこの言葉を改めて胸に刻みたいと思います。そして、一人ひとりの子どもの幸せを、みんなで祈りたいと思います。