園だより 園長からのメッセージ

毎月、発行している園だより 園長からのメッセージ

2019年 10月

よごれて洗って・・                  園長 佐 竹 和 平 

 幼稚園教育要領に示されている「幼児期の終わりまでに育って欲しい10の姿」は3つの力に分類することが出来るようです。

体を使う力 

「健康な心と体」「自然との関わり・生命尊重」「豊かな感性と表現」

考える力 

「思考力の芽生え」「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」

人と関わる力 

「協同性」「道徳性・規範意識の芽生え」「社会生活との関わり」「言葉による伝え合い」

 これらの力が育まれ、発揮されるのが幼稚園の運動会です。例えば年長さんのリレーは「健康な心と体」だけではなく、勝つためには「思考力の芽生え」「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」「協同性」「言葉による伝え合い」が必要ですし、勝ったり、負けたりする中では「道徳性・規範意識の芽生え」が育まれます。

 運動会を通じて一人ではできないこと、みんながいて、協力しあうからできることを楽しめるようにもなります。運動会を終えて、見せること、見てもらうことの楽しさ知った子どもたちの姿があります。友だちと一緒に遊ぶことの楽しさを知った子どもたちの姿もあります。その楽しさを味わうために自分の気持ちや考えを相手に伝えます。思いが通じるときもあれば、通じない時もあります。集団での毎日の生活の中でこうした経験を積み重ねていくことで、生きる力、人生の土台が培われていきます。

 「よごれて洗って よごれて洗って。 いい感じになりなさい。」久しぶりに良い言葉に出会った感じです。「もう、ぬげない」「ぼくのニセモノをつくるには」「おしっこちょっぴりもれたろう」「それしかないわけないでしょう」などの絵本で人気のヨシタケシンスケさんのエッセイ本に載っていた言葉です。

 子どもを見ていると、よごれたがる姿が多くあります。しかし、大人(保護者)は子どもがよごれるのを嫌がります。洗わないといけないからです。「よごれる」ことは成長段階の子どもにとってはとても大切です。よごれたら洗う。よごれたら洗う。これが子どもの成長、子育てなのかもしれません。毎回、大人が洗うわけではありません。自分自身で洗うこともたくさんあります。大人からみれば失敗に見えることも、子ども自身にとっては挑戦の結果かもしれません。いい感じに成長させるためにも、親の顔色をうかがって、よごれること(挑戦すること)をしなくなるような子ども時代を過ごさせないようにしたいものです。子ども自身の持っている「やってみたい!」という気持ちを大切にしましょう。やってみて、失敗し、よごれたって洗えばよいだけなのですから。

2019年 9月 やってみたい

やってみたい                      園長 佐 竹 和 平 

 この度、学研より「佐竹音次郎物語~万人の父になる~」という本が出版されました。佐竹音次郎というのは私の曾祖父です。今から120年余り前、私の曽祖父、佐竹音次郎は鎌倉の腰越で小児科医院を開院していました。時代や土地柄というものがあったのか、いつしか孤児を受け入れ、その数が増えていく中で、自分が父親となってその子どもらを育て、共に生活をしていくことにしたのです。自分が父親なのだから、この子どもらはもう孤児ではない。そのような思いから当時一般的に使われていた孤児院という名称を使わずに保育院と名乗ったのです。「保育」という言葉は佐竹音次郎の造語で“保(やすん)じて育つ”ということ。保じてとは安心してという意味です。佐竹音次郎はその後、キリスト教と出会います。その教え、人を分け隔て無く愛することの大切さを自分自身の行いによって広めていこうとの決意を持って、医業の傍らで行っていた保育院を改め、「保育園」として、本格的に福祉事業に取り組み、身寄りの無い子どもたちの父としてその生涯を送ることにしたのです。保育園とは子どもたちが保んじて育つ、神様から備えられた園というという名称で、これが日本で最初の保育園となりました。佐竹音次郎が存命中に関わった子どもたちの数は、国内外で1万人を超え、11,153人にもなったのでした。現在、佐竹音次郎の出身地である高知県四万十市では佐竹音次郎を「保育の父」として顕彰し、その思いを子どもたち、地域社会に伝えようと活動をされている方たちがおられます。

http://otojiro.link/

 

ニュースでは虐待によって幼い命が奪われたとの報道が後を絶ちません。また、戦争によって生活の不安が脅かされている人々や貧困によって安心して暮らすことが出来ない子どもたちはたくさんいます。子どもが育つ環境、保育において安心は何よりも大切なことです。安心して食べられる、安心して眠れる、安心して遊べる。親、大人、地域社会、国家がこのような安心を全ての子どもに備えなければならないと改めて思わされます。

さて、今月のカリキュラムのテーマは“やってみたい”となっています。子どもたちにはやってみたいことがたくさんあります。「えんちょうせんせい、なにやってるの~?」子どもたちから言われることの多い言葉です。私が何か作業をしていると近寄ってきて、その作業をやりたがります。やってみないと気が済まないと言ってもいいかもしれません。子どもにやらせると、時間がかかったり、手間が増えたり、危なかったりします。しかし、子ども自身が持つ、やってみたいという主体的な気持ちは子どもの成長にとってとても大切なものです。子ども自身が持つ“やってみたい”に大人が丁寧に寄り添いつつ日々を過ごせたらと願っています。

 

f:id:draper:20190906165430j:plain

 

2019年 7月 試す

試す                   園長 佐 竹 和 平 

 こんなにダンゴムシが活躍している年は今までになかったかと思います。男の子に限らず、女の子もダンゴムシを探し、捕獲し、カップに集め、自慢げに見せに来てくれます。ダンゴムシはどこにいるのか。人目に付きにくいとこ、湿気のあるところ・・子どもたちはいつの間にか、ダンゴムシがよくいる場所がわかるようになっています。家にダンゴムシを持って帰ったりする子も多くいますが、環境が変わってカップの中の乾燥した中ではすぐに死んでしまいます。子どもたちは、ダンゴムシと言っていますが、中にはワラジムシもいます。ワラジムシはダンゴムシのように丸くはなりません。お腹に赤ちゃんのいるダンゴムシもいます。脱皮をしているダンゴムシもいたりします。小さな生き物、大人は目もくれない、気持ち悪がるような小さなムシを通じて子どもたちは心を動かし、好奇心や探究心を持ってダンゴムシを見つめつつ、自然への関心、愛情を育んでいるようです。

 7月のカリキュラムのテーマは「試す」となっています。挑戦する気持ちを育みたいという思いです。多くの経験をしてきた大人と違って、子どもの毎日には今までやったことの無いことが多くあります。初めてだからこそ、すぐに「試す」子もいれば、初めてなのでなかなか「試す」ことができない子もいます。「試す」のは大人(教師)から言われたことをやる場合もありますし、自分で気づいたことを「試す」場合もあります。どちらも大切なものです。幼稚園は子どもの「試す」という気持ちを引き出し、育むために教師が保育を行っていると言っても良いほど「試す」ことは大切です。保護者の皆さまにも同じ気持ちになっていただきたいと思っています。何しろ自分自身で「試す」ことをしないと経験が増えていきませんからね。

 子どもの「試す」を引き出し、育てるのに大切なのは今、その子どもはどんな気持ちでいるのかということです。どうやったら良いのかの説明も聞かずに「試す」子もいます。ほかのお友だちがやっているのを見て「試す」子もいます。遊んでいる中で、製作をしている中でこうしたらもっと良くなると気づいて自分から「試す」子もいます。書き出したらきりがありませんが、日常のすべての動作が「試す」から始まるものです。今年から行っている保育のドキュメンテーションでは製作やクラス活動、子どもたちの日常の生活が記録されていますが、その中には子どもたちの「試す」姿が多く記録されています。結果だけではなく、その過程、「試す」ことの大切さがよくわかります。目の前にあるモノ・コトに対して今、子どもはどんな気持ちでいるのかを見極め、焦らずに、先回りして口出ししないように、しかし、必要な後押しはできるようにしたいものです。

 間もなく、梅雨も明けて本格的な夏の暑さがやってくるでしょう。皆様が健康に過ごされますようお祈りしています。

2019年 6月

関わり合う                       園長 佐 竹 和 平 

 面白いことに年少ひよこ組、年中のゆり組、ばら組の担任による6月の園だよりでは、それぞれが子どもたちのけんか、トラブルについて書き記しています。けんか、トラブルが多くなってきているのでしょうか。6月のカリキュラムのテーマは「関わり合う」となっていますが、幼稚園生活にも慣れ、友だちと関わり合うことが出来るようになって、けんかができるようになったともいえます。

 子どもたちは新しい環境の中で自分のしたいこと、やれることが増えています。楽しいこと、お気に入りの遊び、遊具があります。しかし、そこには同じ思いを持った友だちがいて、思うようにできないときがあります。また、時間的な制約があることもあります。やりたいけど、やれない葛藤です。この思い、葛藤と折り合いをつけるのが成長でもあります。大きくなるにつれて葛藤は増えていき、複雑にもなっていきます。人、物、仕事、お金、時間、場所など、関わり合うすべてのことに、しかも複雑に葛藤が生まれます。ですから、子どもが葛藤と戦っているその時を保育者、大人は心に余裕を持って見守れるようでありたいと思います。大切な成長の時、学びの時なのですから。

 さて、幼稚園では6月にはキリスト教の行事の一つでもある花の日があります。きれいな花を咲かせてくださる神様に感謝する日です。幼稚園ではこの神様への感謝の気持ちを多くの人と分かち合えるように、年長さんが地域の病院、施設、お店や交流のある人を訪ね、お花を届けにいきます。一人でも多くの人が花を美しいと感じる心、その花を育ててくださる神様に感謝する気持ちを持てれば、わたしたちの暮らすこの社会はもっとよくなると思います。ニュースでは悲しい出来事が多く報道されています。そのようなものに接するたびに、社会との葛藤に押しつぶされてしまい、花を美しいと思う心の余裕を持てないで、その花を育ててくださる神様の存在に感謝することが出来なくなっている人が増えているように思えてなりません。

 聖書にはイエスさまが「空の鳥を見なさい、野の花を見なさい」と言われている場面があります。(新約聖書マタイによる福音書6章)。人に飼われていない空の鳥にも、神様は必要な食べ物を与えて下さっています。道端に咲く野の花も、神様はきれいに咲かせてくださいます。それでは神様は人間に対しては何をしてくれているのでしょうか。神様は、私たちに対して、鳥や野の花以上に心を配ってくださり必要なものを与えて下さっています。しかし、私たちはそれを当たり前と考えて、それに気がつかないで日々を過ごしているようです。だから、花の日のように改めて花の美しさに感じつつ、神様に感謝する日が必要なのです。自然との関わり合いを通じて、神様との関わり合いを通じて、子どもと一緒に花の美しさを喜び合える6月となるよう願っています。

2019年5月

遊ばない子どもは馬鹿になる       園長 佐 竹 和 平 

 4月の始業式、入園式から1ヶ月が経ってはいますが、10連休があったので、保育日数は15日ほどしか経っていません。年間の保育日数は200日程度なので、まだまだこれからなのですが、この間の子どもたちの成長を喜ばしく思っています。

 10連休明けの火曜日の朝、門でみんなが来るのを待っていたら、うれしそうに登園してくる子どもたちの姿がありました。登園をしぶる子、親と離れるのが嫌で泣く子がいるかと思っていたのですが、思わぬ見当違いでした。みんな、幼稚園を楽しい場所として受け入れてくれたのかと思います。友だち、先生に会って話したい、一緒に遊びたいという思いがあるのでしょう。また、翌、水曜日の散歩で近くの公園に行った際には園長がみんなの前でお話をしましたが、おしゃべりもせずに園長の話を聞く子どもたちと、静かにお祈りの時も持てました。入園式からの幼稚園生活で多くのことを学んでいることを実感しました。

 日本教育新聞に紹介されていたのですが、幼稚園教師、保育士を多く輩出している玉川大学には「遊ばない子は馬鹿になる」という、大学創設者の戦前からの言葉が残っているとのことです。強烈な表現ですが、今の時代、子どもにたっぷりと遊ばせない親や幼稚園があることを思うと大切なメッセージだと思います。この文章を書きながら改めて考えると、遊んでいる子どもたちの姿は楽しそうで、笑顔にあふれています。このことが馬鹿にならないために大切なのだと思います。特に笑顔、笑うことがとても大切だと思います。個人用のゲーム機に熱中する子ども、スマートフォンなどのゲームをしている大人もいます。見ていて楽しそうでも無く、笑顔もありません。何かのステージをクリアする快感、相手を倒すことの快感を得るために行っているからだと思います。これは遊びではありません。身体を使って遊び回るから、ご飯もしっかり食べるし、よく眠れもします。心も体も成長するのです。子どもを馬鹿にさせないためにたくさん遊ばせてあげたいと思います。

 5月には保護者会であるけやきの会の総会もあり、保護者の皆さまの活動もこれから活発になっていきます。ご自分の範囲の中で、無理することなく、幼稚園生活を過ごされるよう願っています。保護者の方にはこの間、新たな出会いがあったかと思います。園長としては聖書の言葉や主イエス・キリストの教えにも出会って欲しいと願っています。

「互いに愛し合いなさい」新約聖書ヨハネによる福音書13-34)

私たちは神様に守られ、愛されています。周りにいるお友だちや、お友だちのみならず、この世の中にいるすべての人が同じように神様に守られ、愛されているのです。だから、互いに愛しあいましょう。神様に愛され、神様に守られているもの同士、お互いの事を思いやりつつ愛し合いましょう、仲良くしましょう。主イエスの大切な教えの一つです。

2019年 4月

ことばに満たされて ~ひびきあう~       園長 佐 竹 和 平 

 進級のお友だちが心待ちにしていた始業式の日は春の陽気、暖かな一日でした。クラスの発表があり、先生に新しいバッチをつけてもらい、一つ上のお兄さん、お姉さんになったことを誇らしげにする姿が良かったです。進級した子どもたちは新しい環境に期待と希望を持っている一方で不安を抱え、緊張している子もいるかもしれません。楽しく、伸びやかな生活ができるように教職員一同、力を合わせて参ります。

 新しくドレーパー記念幼稚園に入園する子を迎える入園式は春とは思えない寒く、冷たい雨の降る日となりました。外は寒かったのですが入園式は子どもたちの笑顔が多く見られ、とても暖かな気持ちにさせてくれるものでした。式では一人で座ってお話を聞ける子、親と離れるのが嫌でずっと抱っこされている子、じっとしていられなくて立ち歩いてしまう子など様々な姿がありました。今までずっと一緒にいた我が子が親と離れてする初めての集団生活に不安を持たれている保護者の方もおられるかもしれません。でも、大丈夫です。幼稚園での生活の中で、お友だち、保育者とのかかわりの中で、今までできなかった多くのことが、いつの間にかできるようになっていきます。慌てず、焦らずに、子どもの成長をゆっくりとした気持ちで待ちましょう。

 ドレーパー記念幼稚園はキリスト教保育連盟に所属しており、カリキュラム(教育課程)はこの連盟の資料に基づいて決められます。今年度の年主題は「ことばに満たされて~ひびきあう~」となっています。大人である私たちの生活のみならず、幼児の生活の周りにも言葉は溢れています。しかし、溢れるほどの言葉、情報は必要でしょうか。現在の情報化社会への警鐘を鳴らしているかのような年主題です。「響き合うに充分な“ことば”があれば良い」という意味にも取れます。“ことば”は友だちや親、保育者との会話もそうです。読んでもらう絵本の言葉もそうです。聖書の言葉、礼拝でのお話や祈りも言葉です。歌うさんびかも言葉です。ことばが“ひびきあう”、心地よい幼稚園生活で子どもの豊かな成長が導かれるよう願っています。

 この主題からは大人が気をつけなければならないことも示されています。「ひびきあう」程度に多すぎず、少なすぎない言葉がけが子どもの成長にとって大切だということです。なんでも先取りして大人が子どもに指示を出したり、答えを言ったり、口だけでなく手をだしたりしないように、子どもの自分で考える時間、自分でやってみようとする時間を大切にして欲しいとの願いもあるようです。

 保護者の皆様、特に新入園の保護者にとっては新しい環境の中でお子さん同様、緊張されている方もいるかと思います。そんな保護者同士でも”ひびきあう“言葉がけがお互いの距離を縮め、親しい友だちをつくるようにもなります。お子さんのみならず、保護者の皆様も幼稚園での生活を楽しまれるよう願っています。

2019年 3月

聖句暗唱

 幼稚園の毎朝の礼拝では各月ごとに示されている聖書の言葉、おはようブックの左ページのリトルジョイの絵の下に記されている月ごとの聖句をみんなで声をそろえて言うのです。これを聖句暗唱といいます。この一年、どのような聖句があったか、お子さんと一緒にぜひ、読み返してみてください。

4月 わたしは よみがえりです いのちです

5月 なんとさいわいなことでしょう あなたのいえに すむひとたちは

6月 わたしたちは たがいに あいしあいましょう

7月 ひかりの こどもとして あゆみなさい

8月 あなたのわかいひに あなたのそうぞうしゃを おぼえよ

9月 へいわをつくるものは さいわいです

10月 わたしはぶどうのき あなたがたは えだです

11月 しゅは あなたを まもるかた 

12月 ひとりのみどりごが わたしたちのために うまれる

1月 かみは よろこんで あたえるひとを あいしてくださるのです

2月 しゅよ おはなしください しもべはきいております

3月 いつまでも のこるものは しんこうと きぼうと あいです

 

 イエス・キリストを通して示される神の愛と恵みのもとで子どもたちが育てられ、今の時を喜びと感謝をもって生き、

そのことによって生涯にわたる生き方の基礎を培い、

共に生きる社会と世界をつくる自律な人間として育っていって欲しいこのような願いがキリスト教保育の子ども観です。

 

 毎日の聖句暗唱で、この思いが少しずつ、少しずつ、子どもたちの心と体に行き渡っていったと信じています。

 いよいよ2018年度のドレーパー記念幼稚園の生活も終わりが近くなってきました。年長のほし組さんは幼稚園を卒業し、4月からは小学校へ進学、年少、年中は進級となりそれぞれ新しい環境の中での幼稚園生活となります。どのような環境の中にあっても、神様の祝福とお守りをいただいて、安心して生活ができるようにとお祈りしています。